美肌




突然ですが、誰が見ても美肌に見えるような肌になりたいと思った事はありませんか?

たった一度ケアしただけじゃ美肌になる事は難しいです。

今回は、美肌の定義や美肌になるための習慣をお話ししたいと思いますので読んでみて下さい。

 

 

 美肌になるための習慣とは!?基本「うなはだけつ」とは!

 

ビューティー スキンケア

 

美肌になりたい!と思って皆さん頑張っていると思います。

その気持ちはすごく大切で、美肌になるためにとても必要な要素です。

そんな人が、美肌の定義や習慣を見つけてしまえば、理想の肌を手に入れることができます。

それでは早速解説していきたいと思います。

 

美肌の定義そもそも何?

 

メイクアップアドバイス イメージ

 

美肌の定義について

  • 美肌の定義とは「うなはだけつ」。
  • うなはだけつとは、それぞれの頭文字をとった名称。
  • うるおいのある肌、なめらかでキメが細かい肌、ハリのある肌、弾力のある肌、血色の良い肌、ツヤがある肌が美肌の定義。




それでは具体的に解説していきたいと思います。

 

美肌の定義は、「うなはだけつ」

 

ビューティアドバイザー イメージ

 

知らない方が多いかもしれませんが美肌の定義は、それぞれの頭文字をとった名称「うなはだけつ」です。

詳しく説明したいと思います。

 

うるおいのある肌

 

美容イメージ

 

肌の表面にある角質層におよそ20%の水分が保たれている状態の事です。

20%以下になるとカサカサとした乾燥肌になってしまいます。

 

なめらかでキメが細かい肌

 

美容イメージ

 

陶器のようなキメが細かくつるんとした肌の事です。

古い角質がたくさん溜まってしまうとキメ細かい肌にならずゴワついた肌になってしまいます。

 

ハリのある肌

 

美容イメージ

 

自分の頬を指で押して弾むような感じで押し戻される肌の事です。

もしも、指で押して戻るのに時間がかかる時は、肌の弾力がなくなってきている証拠です。

 

弾力のある肌

 

デンタルケア

 

ツヤがあり、ふっくらとした肌やもちもちとした肌の事です。

肌の真皮層には、肌のハリや弾力を保ってくれるコラーゲンやエラスチン潤いのある肌を保つためのヒアルロン酸が多く含まれています。

 

血色の良い肌

 

美容イメージ

 

ターンオーバーが正常で血色が良く透明感のある肌の事です。

バランスの良い食事をとる事でそういった肌をキープできます。

 

ツヤのある肌

 

ビューティー・女性

 

肌のツヤがあるだけで肌に透明感を出す事ができます。

美肌になるために最も重要な事です。

結論

  • 美肌の定義は、「うなはだけつ」という事が分かった。




 

美肌になるための習慣

 

美容イメージ

 

美肌に大切な習慣とは?

  • ビタミンやイソフラボンをたくさんとる。
  • 節関係なく紫外線対策をしたり、睡眠リズムを崩さない。
  • 枕カバーを定期的に変えたり、髪を帰宅してからすぐに結ぶ事で肌にダメージを与えないようにする。




基本的な内容ですが、是非チェックされてみてくださいね。

それでは解説していきたいと思います。

 

毎日ビタミンとる

 

野菜と女性

 

ビタミンは肌にとってとても大切な成分です。

ビタミンをとるためには、野菜をたくさんとらないといけないと思いがちですが、野菜をたくさんとらなくてもサプリメントや100%果汁のジュースでとる事ができます。

こまめにビタミンをとると良いです。

 

水を1.5リットル毎日飲む

 

portrait of attractive asian woman beauty image on white background

 

お茶を飲む方が多いかもしれませんが、肌が綺麗な方は、水を飲んでいる事が多いです。

喉の渇きに関係なくこまめに飲んだりしています。

冷えた水ではなく常温の水を飲むと良いです。

 

イソフラボンをたくさんとる

 

豆乳 Soy milk

 

知っている方も多いかもしれませんが、イソフラボンは、化粧水に含まれていたりするほどお肌に良い成分です。

女性ホルモンを増やしてくれる働きがある事から肌にハリや潤いを与えてくれます。

豆乳、豆腐、納豆でイソフラボンを手軽にとる事ができます。

 

枕カバーをこまめに変えている

 

睡眠をとる女性

 

肌に直接触れたりする枕カバーは、毎日取り替えている方が多いです。

毎日カバーを洗濯するのは大変なので枕カバーの上からバスタオルをかけて、そのタオルを毎日変えるだけで良いです。

その他にも布団カバーを頻繁に変えたりする事をおすすめします。

 

季節関係なく紫外線対策をしている

 

夏の海辺の女性

 

紫外線の強い夏だけ紫外線対策をしているという方が多いかと思いますが、季節関係なく紫外線対策をしている方が多いです。

夏ほど紫外線が強くなくても、紫外線がゼロになった訳ではないので、できれば毎日、。日焼け止めをした方が良いです。

 

睡眠リズムを崩さない

 

女性

 

しっかりと睡眠をとる事は、肌に良いという事を知っている方が多いかと思います。

しかし、たくさん寝てしまうのも問題があります。

そのため、睡眠サイクルを崩さない事が大成です。

 

すっぴんで過ごす日を作る

 

女性,洗顔

 

どんなに良い化粧品を使っていても肌へのダメージは、避けられません。

そのため、週に1回だけでもすっぴんの日を作ると良いです。

たまに肌を休める事も美肌をキープするコツです。

 

帰宅後はすぐに髪を結ぶ

 

鏡を見る女性

 

意外かもしれませんが、髪の毛が肌に触れる事も肌にストレスがかかってしまいます。

そのため、帰宅したらすぐに髪の毛を結ぶ方が多いです。

少しでも髪の毛が肌に触れる時間を減らすと良いです。

結論

  • 美肌をキープするためには、様々な事を習慣化する必要があるという事が分かった。




透明感のある肌について必ず押さえておきたいポイント!

 

美肌

 

透明感のある肌について

  • 透明感のある肌とは、肌の水分量が多く、黒くない肌とは、何の問題もなく、ターンオーバーを行う肌のこと。
  • ターンオーバーは表皮基底層で、新しい皮膚細胞を作り、角質層の細胞として保湿すると約4週間角質層に押し上げられてバリアをし、約2週間後に汚れとして皮膚表面から落ちていく。
  • 透明感のある肌を作るにはターンオーバーが重要です。




美肌の知識で欠かせないのが透明感を出すためのこれらのポイント。

基礎的な内容ですが、肌の透明感について知ることでより効果的なケアができます。

是非チェックされてみてくださいね。

 

肌の透明感を手に入れる生活習慣を紹介します!

 

美容

 

肌の透明感の基礎知識

  • 肌の透明感は光が関係している。
  • 肌に反射する光が多ければ多いほど透明感のある肌という事になる。
  • 肌の凸凹が多いほどくすんでいる肌に見える。




美肌の生活習慣を目指すためには、肌の透明感の手に入れるために必要な生活習慣も合わせると相乗効果で理想の肌へ近づけます。

是非こちらもチェックされてみてくださいね。

 

 美肌になるための習慣とは!?基本「うなはだけつ」のまとめ

 

女性の美容イメージ スキンケア ボディケア エステサロン

 

今回は、美肌の定義や美肌になるために必要な習慣についてお話ししました。

美肌になりたい方にとって参考になる内容が多かったのではないでしょうか。

すぐに結果は出なくても、徐々に変化が現れてくるかと思いますので、美肌の定義をしっかりと理解した上で、美肌になるための習慣を今日から少しずつ実践してみる事をおすすめします。

 




おすすめの記事